次の条件に当てはまる場合、
あなたはこの臨床試験の対象となる可能性があります:

診断

医師から常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)と診断されたことがある。

性別

18歳から50歳の男性または女性である。

薬

少なくとも30日間は降圧薬を使用して血圧を正常に管理できている。

腎臓病

腎臓病が急速に進行するリスクにさらされている。

上記の状態と異なる場合でも、まだ資格を有する場合があります。

あなたが試験対象となるかどうかを確認する.

常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)の患者さんを対象とする臨床試験

男性と女性の研究者

この臨床試験の目的は、急速に進行する常染色体優性多発性嚢胞腎のリスクを有する患者さんを対象に、総腎容積(TKV)の増加率および腎機能低下率に対する治験薬の効果を検討することです。

女性医師

さらに、この治験では治験薬の安全性と有効性を検討します。

カルテを保有する医師

この臨床試験は、「治験薬」を投与されるグループと、有効成分を含まない「プラセボ」を投与されるグループとに分かれます。

60秒の事前適格性確認を受ける

TRUSTe

治験の詳細

01

ADPKDの患者さんには、この臨床試験の対象となるかどうかを確認するために、60秒の事前適格性確認を受けることが推奨されます。

02

参加資格のある患者さんには、治験関連薬および治療法が無償で提供される場合があります。

03

治療は地域の腎臓病治療専門の病院や研究センターで、資格認定医によって実施されます。

04

18歳未満または50歳を超える患者さん、または妊娠している患者さんには、治験に参加する資格がありません。